2017年9月

サロン・ド・ギャラリー『陽だまり』in尼崎

今日は、サロン・ド・ギャラリー『陽だまり』の日。 本日の作家さん(ご入居者様)は、『陽だまり』女性第1号のH様です。・・・なかなか女性からのお声がなく、(泣) 今回はスタッフから是非にとお願いし、やっと実現しました。
images (2).jpgH様は、日頃からとてもアグレッシブな方で、プールや太極拳、また洋裁、お習字などそれはそれは、いつも生き生きと活動されています。・・・なので、今回の「陽だまり」のポスターの副題には“、~私らしく生き生きと~” にしました。
taikyokuken_woman.pngまた、H様は、パソコンの腕前もスタッフが舌を巻くほどで、新聞風に製作した日記を、「きまぐれ新聞」と命名し、毎月、思い出に残った事柄や日頃の思いを、写真付きで綴っておられます。・・・・そのクオリティの高さに感動!!・・・今回、無理を承知で、この「気まぐれ新聞」の出展もお願いしました。

いよいよ、ギャラリー開店時間です!・・・いつものように作家さんが、入口でお迎えです。このお洋服も、着物をリフォームしたものなんです!凄くお似合いしょ~。

CIMG6307.JPG作品は、ご入居者のS様が写したH様の太極拳の写真や、ご本人がモデルになったファッションショーの写真。また、布の魔術師といっても過言ではない、洋服、帽子、鞄、アクセサリーなどの作品の数々・・・ため息がでます~

CIMG6324.JPGCIMG6328.JPG








そして正面には、あの「きまぐれ新聞」・・・題字は、もちろんH様の字です!横には、モノクロ写真の作成風景が・・・まるで本物の作家?・・・とってもかっこいいのです!

CIMG6303.JPG続々と皆様が来場されます~・・・

CIMG6332.JPGCIMG6333.JPG








「きまぐれ新聞」は、各テーブルにもファイルにして置かれました。・・・「きっと読んでくれないわよね~」とH様・・・いえいえ、皆様、しっかり読んでらっしゃいますよ~。ほら!

CIMG6346.JPGCIMG6345.JPGCIMG6344.JPG

新聞には、パストラール尼崎のご入居者が共に共有した時間や、また同じ年代の方に共通した話題などが盛りだくさんで、きっと同世代同士で共感しあうことが多かったと思います。

H様というと、ひとり一人の質問に応えたり、挨拶したりと大忙し。座る暇もありません。大丈夫かしら~(汗)
CIMG6337.JPG今回も大入り満員で、椅子が足りず隣の部屋から追加。(汗)・・・たくさんの話題、たくさんの笑顔、あまり知らなかった方どうしの会話などがあちらこちらから聞こえてきて・・・とってもいい空間になっていました。(笑)
CIMG6341.JPGCIMG6343.JPG








そして、終了の時間が・・・気が付くと60名を越す方々が来場!パストラール尼崎にご入居の半数近くの方々がご来場くださいました。無事終了した時に、H様と思わず「お疲れさまでした~」と感動のハグ!!


さて、この3日後、・・・さっそくH様が、出来たてホヤホヤの「きまぐれ新聞」を持って来てくださいました。・・・そこには、「陽だまり」の事がびっしりと。・・・当日までの不安な気持ちや、当日の緊張感が、伝わってきます。・・・(大変な思いをさせて本当にごめんなさい。)・・・でもH様の当日の満面の笑顔と、新聞の最後に書かれた喜びの声に、ホッと・・・今回もまたいい1日となりました。H様、皆様、感謝、感謝です。
CIMG6349.JPG



第4回『パストラールシニア大学』in尼崎

今日は、第4回となる『パストラールシニア大学』の日
 今回の講師は、財務省神戸税関尼崎税関支署の監視官 N氏 と、審査官 K氏 です。
テーマは、「密輸、麻薬取り締まりなど、税関職員の仕事」です。・・・お堅い文字が並びますが、どんなお話が聴けるのでしょうか?・・・とっても楽しみです。

お二人の教授が、制服姿で颯爽と登場です!
CIMG6291.JPG








税関といえば、海外旅行などの際に、手荷物検査などで実際にお目にかかるくらいですよね。
でも、そのお仕事は、多岐に及びます。税関の「税」は、税金の徴収。 税関の「関」は、通関の手続き。だそうですが、日々、膨大な量の輸出入の監視を行うって、想像を絶します。それに、日本は島国(汗)・・・空からも、海からも・・・(真っ青)

DVDに映し出される、港に入ってきた船をくまなく検査する職員の方々・・・ウワ~!汗・・・ そんな狭いところまで。汗 

その中で、よくニュースにもなっている、不正薬物や拳銃、金地金などの密輸。・・・それを、水際で阻止してくれているのも、税関の方々なのです!

実際に今、流行の(汗)密輸品などを、教えて下さいました。・・・でも敵も、あの手この手で、密輸を企てるのですね~。ウワ~!?そこまでするの。汗・・・皆様からクスクスと笑い声が漏れます。
CIMG6288.JPGCIMG6282.JPG








金地金など、なぜ密輸をするとお金になるかなどの仕組みや、麻薬の末端価格など.を詳しく教えて下さいました・・・皆さま、興味津々です。

質疑応答では、制服の胸の階級章の話や、袖のエンブレムなどにも話がおよび、教授陣は、とても気さくに、皆様が良く見えるようにと、会場を周って下さいました。皆様、いい笑顔です。
 そして、お待ちかねの制服、制帽で起立をして頂き、写真撮影!!パチリ。・・・実は、帽子は、船に乗り込む時に被るそうで、室内では通常は被らないそうです。・・・そこを無理にお願いしました。・・・かっこよかったですよね~!
 N教授、K教授、とってもわかりやすい講義をありがとうございました。「おもしろかったね~」というお声もたくさん頂きましたよ~。



介護予防教室~転倒予防~

介護予防転倒1.JPG施設スタッフ、理学療法士による介護予防教室を
開催しました。
テーマは「転倒予防」。高齢者の5人に1人は年間に
1回以上転倒を経験しているというデータもあるほど
転倒予防は重要かつ必要なものです。
パストラール加古川では年に1回
このテーマを取り上げています。
介護予防転倒②.JPG  介護予防転倒④.JPG
今年は、ご入居者自身が自己診断できる為の
「転倒の危険自己チェックシート」をお配りし、
解説を交えながらチェックしていただきました。介護予防転倒③.JPG
転倒しないための三原則は
①転倒しない為の「お部屋作り」 
②道具選び ③身体作り です。
今回のチェックシートに基づいて、ご入居者がご自身の
生活の中に潜む〝転倒の芽〟について考えていただき
いつまでも健康で生き生きとした毎日を
お過ごしいただければと思います。

秋の気配を感じてのんびり散歩

あんなににぎやかに鳴いていた蟬もいつも間にか
聞こえなくなり、見上げる空にはうろこ雲。
すっかり季節は秋です。

ご入居者とパストラール周辺をゆっくりのんびりお散歩。2017092.JPG
ご近所の軒先にたわわに実った柿を見つけ
2017091 .JPG「もう赤くなっているよ」「こんなに早く!?」「渋柿だよね」とワイワイ!(^^)!
いろんな景色を目にすると子どもの頃の思い出がよみがえるご様子。
エノコログサを見つけたY様。 ちぎってちぎって・・・・・・・・
「ほら、こんなことして遊ばなかった」という声に振り返ると
  
                                                        ↓   ↓   ↓   ↓   ↓


2017094.JPG                                           とってもお茶目(^◇^)♪
2017095.JPG
パストラールからすぐのところにある寺田池。
蓮が大きく花開き、水鳥がのんびり羽を休めています。
水面にはり出した展望デッキでひとやすみ。2017093.JPG
流れる金風が少し火照った身体を通りぬけていきます。
20170907.JPG
寺田池のすぐ隣の五社大神社に参拝して、
そろそろ帰りましょうか。20170906.JPG
閑静な住宅街を抜けていきます。
とあるお家の玄関先に綺麗な姿勢で座っている猫。まるで招き猫(*^_^*)20170908.JPG
皆様の姿を見つけると、にゃ~にゃ~と鳴き始めご挨拶しているかのよう。
ちょうど向かいのお家の方がお庭に出ていて
「普段はおとなしいのに通りがかる人がいると鳴きはじめるのよ」とのこと。
「かわいいね」「賢いね」「こんにちはー!挨拶してくれるの」と歩みを止めにっこり。

気持ちの良い季節皆さんもお散歩してみては・・・?
そこにはきっと小さな発見が待っているはずです(^^♪

パストラール加古川のアイドル♪

今年度、国及び県からお祝いの対象となる100歳の方は兵庫県で
男女合わせて361名いらっしゃるそうです。
その中のお一人がパストラール加古川にお住まいのK様!!

一足先にスタッフでお祝いした時には即興で作った歌を披露して
くださるくらいお元気な方で、京都弁ではつらつとお話される姿は
まさにスーパーおあばあちゃんといった感じ(^O^)/
そのキャラクターはみんなに愛されています。

敬愛祭の翌日、K様の百寿を祝して兵庫県民局の幹部の方が
総理大臣と県知事からの祝状と記念品を持って来館されました。
ご自身でコーディネートされた装いに身を包み晴れやかな笑顔で
お部屋に現れたK様。
百寿①.JPG  百寿②.JPG  百寿③.JPG
読み上げられる賞状に大きくうなずきながらもその瞳はすでに潤んでおられます。
「ありがとう、ありがとう」と何度も繰り返し記念品を受け取り県民局の方と百寿④.JPG和やかに
談笑されています。





県知事からは国内でも珍しい白磁を中心とした
出石焼きの花瓶が内閣総理大臣からは銀杯が贈らていました。
百寿⑥.JPG 百寿⑦.JPG 百寿⑧.JPG
元気に歳を重ねることのむずかしさを実感しているスタッフは
K様のお姿に感慨ひとしおです。
K様にあやかってパストラール加古川の皆様がいつまでも
健やかでありますように・・・・。百寿⑩.JPG
ページのトップへ