2018年2月

パストラール語ろう会 ≪part2≫

前回 和やかな雰囲気でお開きとなったパストラール語ろう会
本日2回目の集まりです☆
ご入居者もスタッフも増えて1つのテーブルだけでは足りないほど(^^)
さぁ、今日はどんなお話が飛び出すのやら・・・・。
第2回語ろう会.JPG廊下や食堂でお見かけすることがあってもお名前までは??ということも
多いそうでまずはスタッフより皆様をご紹介させていただきました。
ご参加いただいた方の中には、この春頃からパストラールでの生活を
スタートされるという方もおられ、皆様の〝生の声〟を聞きに来られました。
新生活を始めるのは、いつになっても緊張や不安がつきものです・・・。
皆様はそんな不安が少しでも和らぐようにと質問に丁寧に答えておられます。
1つの物事も感じ方や捉え方は千差万別。
ご自身の体験をふまえたお話の数々は新生活への
明るい〝道しるべ〟となったご様子です。
 スタッフにとっては、ご入居者が日々の生活で感じていることを
直接、伺うことができる貴重な時間。
スタッフからはなかなか投げかけることができない質問ができるのも
語ろう会の良いところです(*^_^*)
 

園児さんとの交流♪

せきれい2018⑤.jpg
今年もかわいいゲストが遊びに来てくれました!
いつも、元気いっぱいパワー全開で私たちに笑顔をくれる
せきれい保育園の皆さんです。
今回は園を代表して、すみれ組のお友達31名!

ちびっ子たちのにぎやかな声は館内放送よりも
効果絶大でご入居者が次々に下りて来られ「かわいいね~」と
目を細められます。
せきれい2018①.JPG会は「手をつないだらみんな仲良しになれるね~」という歌詞と
手話を取り入れた振りつけがとってもほっこりするお歌からスタート。
歌にあわせて「うんうん・・・」とうなずかれる方
園児さんの振りを真似る方、手拍子をおくる方と応援は様々です。
始めは少し緊張していた園児さんたち・・・・・なんだか声がちっちゃいな・・・と
感じていましたが皆様の応援でその歌声が徐々に大きくなり
いつの間にか会場に響きわたる元気な歌声に(^v^)

せきれい2018②.JPGパワーそのままにダンスの披露♪
全身を使って楽しそうにリズムにのる様子は見ている
こちらまでノリノリにしてしまいます(笑)

最後は触れ合いタイム。ご入居者とのジャンケン勝負は
どちらも真剣そのもの。
「やったーー」「あ゛~まけちゃった↓↓」などの声があちらこちらから聞こえて
きます。

「こっちも撮って」という声にカメラを向けるとせきれい2018③.JPG
とってもいい笑顔をおさめることができました☆
(加工せずに掲載できないのが残念です)

せきれい2018④.JPG一瞬で皆様を
笑顔にしてしまう園児さん。
春からは、年長さんに進級です。
残りの園生活で楽しい思い出をたくさん作ってね。
ありがとうございました(^^ゞ
せきれい2018⑥.jpg

後日、副園長先生より
うれしいメールをいただきましたので掲載します。せきれい2018⑧.png
≪ ≪ ≪
 昨日はお招きありがとうございました。
また、素敵な写真もありがとうございます。

子どもたちは帰りのバスの中で
「緊張してほっぺがあつくなったよ。どきどきしたけど楽しかった」
「おばあちゃんといっしょにげんこつ山のたぬきさんして楽しかった」
などと嬉しそうに話してくれました。
中には「わたし、パストラールめっちゃ気に入ってん。
おおきくなったらパストラールに絶対住むわ」と私に熱く語る子までいました。
頂いたお菓子はもとより、手作りのメダルがうれしかったようで
「私のは赤メダルや」「僕のは金メダルやでー」とメダルを比べあいっこしていました。
いつもいつも子どもたちに温かいお心遣いを頂きまして感謝しております。

ご入居者様方の嬉しそうな笑顔やたくさんの拍手を頂き、
私共もたくさんのパワーと幸せをいただきました。
子どもたちに貴重な体験をさせていただきありがとうございます。
                      ≫ ≫ ≫ ≫ ≫ ≫ ≫ ≫ ≫
                                                                                      
せきれい2018⑨.jpgありがとうございます!
メダル作って良かったです(*^0^*)♪
  みんなのご入居お待ちしています~(笑)                    


冬のごちそういただきます!!

冬のごちそうといえば・・・・・
おでん・お鍋におもち、それにラーメン、グラタンなどなど
たくさん思い浮かびますが なんといってもこれ!!
や・き・い・も
焼き上がる時のあま~い香り、手にした時のほっこりした温もり
パクッでひろがるトロリとした食感・・・・・・・
たまりませんね~~~(*^0^*)♪

毎年、大好評の焼き芋販売!
お天気もなんだか〝焼き芋日和〟
館内には早くからいい匂いがただよい
その匂いは玄関を開けた瞬間から感じるほど濃厚。
2018焼き芋①.JPG店頭でも大人気のにじいろふぁ~みんさんのご協力により
今年も蜜たっぷりの〝べにはるか〟を焼き上げます。
その数なんと100本越え!!
2018焼き芋②.JPG焼きが上がり時間になると引換券を手になんだか
楽しそうに取りに来られる皆様(^O^)/
「大好きなのよね」「今日も楽しみにしていたのよ」
「お昼まで待てないね」・・・・と焼きたてのお芋を手にされニッコリ。
2018焼き芋③.jpgまだまだ、中盤だというのに早くに取りに来られた方から
「すごく甘くておいしかった」「さすが、本職さんの焼き加減ね」
と感想を言いにもう一度来てくださり、にじいろふぁ~みんさんと
思わずカッツポーズヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノ

たくさんのお買い上げありがとうございました!!

シニア倶楽部『酒蔵巡り』in尼崎

今日は、「シニア倶楽部」の企画の第1日目、その名も・・・
~えぇトコ西宮~  “あまからツアー”  『酒蔵巡り』

ここパストラール尼崎は、灘五郷の西宮郷、今津郷に近いという、呑兵衛さんにとって、好立地にありますが、今回、前回の尼崎市のスイーツツアーに続き、辛党の方も甘党の方もご参加頂ける、ツアーを企画しました。おかげ様で男性の方にも人気のツアーになりました。笑

images (22).jpgその上、今回は、ひな祭りに近いということで、白鹿ミュージアムで開催されている人形展も併せて御覧いただきました。
なんと、あの京都の老舗人形店「丸平人形店」の人形も出展されています。 
入口には、大きな杉玉と、玄関ロビーにひな人形が・・・

CIMG7550.JPG丸平人形店の雛人形は、一つひとつの作りが、物凄く精巧で、品があって、本当にため息が出る程美しいです。

また奥の展示室の人形の見事さにも、思わずうっとり~。ここだけでも値打ちものです!(写真厳禁の為、アップできませんでした。)

下の雛人形は許可のあったひな人形です。

CIMG7545.JPGCIMG7546.JPG








さて、次に、酒蔵館に移動。中には酒作りの工程や道具などが蔵人たちの働く人形とともに展示されています。ここでは、日本酒のお土産も頂きました。

CIMG7554.JPGCIMG7552.JPG








さて、お次は、お待ちかねのお買物
【白鹿】さんです!
日本酒はもちろん、甘酒、酒粕、お菓子、化粧品まで揃っています。
あっという間に、品定め!いつもながらパワフルな皆様です!

CIMG7563.JPGそして利き酒コーナーでは、クイッと一杯。・・・
といっても、ほんの少しなのでご安心を・・・笑

CIMG7566.JPG次は、【白鷹】さんです!
お店には、酒器や、地方のお漬物、お菓子も・・・民芸風のとっても雰囲気のいいお店です!
ここでは、めずらしい大吟醸の“絞り酒粕”が(期間限定)・・・酒飲みの方は、このおから風の柔らかい酒粕をスプーンですくって食べるとたまらないそうですよ~!

CIMG7569.JPG次は、【日本盛】さんです!
ここは、日本盛のほかにも、あの“獺祭”が・・・
“獺祭”の社長さんが日本盛で働いていたご縁でここで販売しているそうです。
ここでも利き酒が楽しめます!もちろん“獺祭”もありますよ~。お酒がダメな方は、甘酒です。笑
ここでは、“獺祭”といっても色んなランクがあるということを、ご入居者様から教えて頂きました。さすがです!!

CIMG7570.JPGCIMG7571.JPG








さて、最後は【大関】さんの「関寿庵」
酒饅頭や、和菓子がたくさん・・・喫茶もあるので、ここで一服です。

CIMG7573.JPGCIMG7574.JPG








そして、帰路へ。
今回も前回同様、お土産いっぱいの袋をぶら下げて皆様、大満足で、ご帰還です!!

この『酒蔵めぐり』、おかげさまで大人気で、3回催行します。汗
以上、1回目の『酒蔵巡り』の報告おわります!

第9回「パストラールシニア大学」in尼崎

 今日は、第9回パストラールシニア大学です。
 テーマは、ご入居者様からリクエストのあった、“古典文学”
 今日も、大勢の学生が受講して下さいました。

CIMG7527.JPG 今日の教授は、甲子園大学で実際に教鞭をとっておられる丹下暖子先生です。
颯爽と登場された丹下先生はとてもお若く、学生さんのよう・・・。(古典の先生のイメージは、白髪の中年の女性だったかも・・笑)

CIMG7530.JPG テーマは、「平安時代の日記からみる文学史」
日記って、その時代に生きた人々の日常の生活や、その時々の感情が、生き生きと記されているものですよね~。・・・(学生時代、古典アレルギーだったけれど、このテーマには、興味津々です!)
uta_yomu_woman (2).png 現代と平安時代の日記の違いや、男性の日記が備忘録的な要素が強い漢文日記だった事、紀貫之の「土佐日記」が、女性を装い、亡き娘への思いを素直に書き記していることなど、とても面白い内容がテンポよく続きます。

「土佐日記」 
「御堂関白記」 
「蜻蛉日記」
「紫式部日記」
「更級日記」

作者の置かれている立場や、社会事情なども織り込みながらの解説は、よりわかりやすく、作者の思いもしっかり伝わってきます。   皆様のお顔も真剣そのもの・・・

CIMG7534.JPGCIMG7540.JPG








藤原道綱母が自らの半生を記した「蜻蛉日記」は、面白いですね~。

「めづらかにあやしと思へど、つれなしをつくりわたるに、夜は世界の車の声に胸うちつぶれつつ、ときどきは寝入りて、明けにけるはと思ふにぞ、ましてあさましき」

通い婚だった当時の、女性のせつない思いが赤裸々に語られています。・・・これって、わかるわ~!と、現代女性も共感できるはずです!
220px-Yashima_Gakutei_-_Untitled_-_Google_Art_Project - コピー.jpg丹下先生もおススメの「蜻蛉日記」は、是非、現代文で読んでみたいです!・・・なんて、古典アレルギーを治して下さった丹下先生の今回の授業に心から感謝です!

今度は、一つひとつの日記をもっと掘り下げて、聞いてみたいですね~。

 さて、次回のパストラールシニア大学は、今年度最後の授業になります。卒業式もありますので、皆様、是非、ご参加下さいませ~。



 




ページのトップへ