クリスマスコンサートin パストラール加古川 ピアノ&ソプラノ

(2018年12月9日)
先日まで冬とは思えないほどあたたかい日が続いていたのに朝から寒波襲来。
そんな中朝から力持ちのスタッフが汗をかきながらコンサートの準備スタート。
 
11時過ぎに今日のゲスト到着。
今年は『ピアノ&ソプラノ Xmasコンサート』
ピアノは島内亜津子さん ソプラノ赤池優さん 
パストラールはお二人の美しく華やかな雰囲気に包まれ、
「広くてきれいな施設ですね。呼んでいただいてありがとうございます」のお言葉に恐縮し、
遠路はるばる来てくださったことに感謝!感謝!
 
リハーサルが終わるとスタッフは一気に会場準備。
ダイニングルームがコンサートホールに早変わり。
 
会場には続々とお客様が・・・
用意したプログラムが足りなくなるくらいの盛況ぶり
コンサートスタートです♪
施設長のあいさつ、お二人の紹介の後、舞台にお二人が登場されると会場はみんなお二人の華やかなお姿にうっとり・・・まだ歌われていませんが・・・

              XmasConcert1.jpg          XmasConcert2.jpg

1曲目のラルゴ(ヘンデル作曲)の後、赤池さんのあいさつの中でご一緒に歌われた方がいらしたと話され、パストラール加古川には音楽に造詣が深い方の多いこと・・
恐れ入りました!
 
寒い日にぴったりの歌『雪の降る街を』『ペチカ』が続き、
次はしっとりと『宵待ち草』 一緒に歌われる方も見受けられました。
この曲は竹下夢二の作詞
それにしても素晴らしい美声…皆さんに語り掛けるように声量と高音部の歌声のすごさに、ただただ感動するばかりでした。
会場は赤池ワールドに吸い込まれていく感じでした。
お嬢様のようなお顔立ちからは想像できないくらいの迫力に魅了されました

               XmasConcert3.jpg          XmasConcert4.jpg

次は島内亜都子さんのドビュッシー作曲の『月の光』のソロピアノ。
みんながどこかで耳にしたことのあるクラシックの名曲。
島内さんの演奏を聴いていると心地よくて心が浄化される気分
きっと皆さんもどことなくなつかしい気分になり、穏やかで幸せな気分になられたと思います。

                               XmasConcert5.jpg

次は皆さんお待ちかね!「きよしこの夜」を一緒に歌いましょう

      XmasConcert6.jpg    XmasConcert7.jpg

赤池さんが会場を回りながら一緒に歌われ、皆さんうれしそう♡
はやく近くに来てくれないかなぁ・・・と
日頃から歌の練習はしっかりされているみなさん、会場はパストラール合唱団のようでした。
次はクリスマスには欠かせない『アヴェマリア』
『アヴェマリア』の作曲者が3人いると説明を受け今回はグノーとカッチーニの作品を披露されました。
 
赤家さんはオペラやオペレッタの主役、準主役もされており
今回は喜歌劇「こうもり」より『公爵様、貴方のような方は/ヨハンシュトラウス2世作曲』
を歌ってくださいました。
これは公爵様を懲らしめるために、女中さんが奥様に扮して公爵様の舞踏会に行くというお話を歌にしたものとの説明があり、
 
オペレッタを見る機会がないものにとっても
ここはウイーン?ハプスブルグ家の舞踏会? と思わせるほど情景が浮かびみなさん引き込まれていくようでした。

 オペレッタを是非見てみたいという気分になった方も多いのではないでしょうか

     XmasConcert8.jpg    XmasConcert9.jpg

最後はみなさんで『ふるさと』を合唱

            XmasConcert10.jpg

お二人からのプレゼントのアンコール曲もあり会場はおおいに盛りあがり、
会場を後にされるお二人に割れんばかりの拍手が続きました♡
お二人がこれからもますますご活躍されることを
パストラール一同応援します。

入所して間もない方からは「パストラールでこんなに素晴らしい音楽が聞けるなんて思っていなかった」「次回も楽しみだわ」「歌もうまいけど目の保養にもなったわ」とのお言葉も頂き次回も感動できる演奏をと思いました。
 
そして恒例の写真撮影
いつもより鼻の下が長い?なんて・・・・

          XmasConcert11.jpg

また、ぜひ素敵な演奏を聴かせてくださいね。

ページのトップへ