トライやるウィークinパストラール加古川

今年で7回目のトライやるウィーク
6月3日(月)から7日(金)まで平岡中学校2年生の
浅井希羽さんと古賀咲希さんがパストラールに来てくれました(@^^)/~~~
 
入居者の皆様も大喜び(*^。^*)
「ひ孫みたいや~」                                  ☆トライやる.jpg
「かわいいなぁ~」
 
緊張の面持ちのお二人は初日から3日間はケア部門でお仕事体験です。
 
入居者様と一緒に折り紙を折ったり、
お茶出しをしたり、
入居者様の笑顔が印象的でした♡
     
     6.jpg  15.jpg  11.jpg

また、福祉車両のリフト操作をしたり、車いすも押してみました!!
うまく操作出来たかな?


             122.jpg  17.jpg

ダイニングルームではかわいいウエイトレスに変身‼
パネル操作も簡単!若いなぁ・・・物覚えが早いこと!!

             34.jpg   212.jpg


そして6月4日はパストラールの「消防訓練の日」でした。
ふたりも一緒に参加してくれました。          
消火活動も上手ですね!! これでいつでも消火活動ができますね(*^-^*)


             33.jpg   43.jpg


4日目、5日目は、フロント業務やお掃除にも挑戦です
フロントでカギを入居者様に渡したり、食事の入力をチェックしたりメールボックスにメニュー表も入れました。


     36.jpg   24.jpg  20.jpg


お風呂を磨いていま~す。お陰様でピカピカに(^_^)v☆☆☆ お疲れ様です。
  

            12.jpg   92.jpg   

ゴミも集めます!

          72.jpg  5.jpg


あっという間に5日間が過ぎてしまいました。
盛りだくさんのお仕事でしたね(^^♪
最初の緊張も緩んだ頃にお別れです(‘_’)
二人とも本当に真剣に取り組んでくれました。
ありがとうございました!!
 
                 37.jpg
 
数日後、入居者様より
「今日はもう来ないの?」        
「さみしいねぇ・・・・」
とのお言葉を頂きました。
また是非遊びに来てくださいね(⋈◍>◡<◍)。✧♡
 お待ちしております


2019年度『パストラールシニア大学』✿尼崎✿

平成27年7月、パストラール尼崎に開校した「パストラールシニア大学」。
手探りで始めたシニア大学も今年で5年目となりました。日本銀行、大阪地検、JICA、神戸税関、造幣局、JALなど、多彩な講師陣の数、総勢のべ40名。昨年の参加者数実績も平均50名と、館内イベントとしてしっかり定着してきた感があります。

こちらは今年度の『学生証』です!(今年はピンク色です)
参加すると、ここにシニア大学の特製ハンコが押印されます。

002.JPG 講演プログラムを企画するにあたって、参加者の年齢や、ニーズ、レベルなどを考えた上で、進めなければなりませんが、まず年齢に関しては、高齢者というくくりを外しています。それ程、皆さまの感性が若いと感じるからです。
ダウンロード.jpg さて今年度も、ここ2か月間、講師への依頼と日程調整に奔走してきましたが、6月開講に向け、この度やっとすべての講師が決定しました。(テーマは仮題)

001.JPG 2019年度 「パストラールシニア大学」の全10回プログラムです。
 
1回:「豪華客船の旅」・・・(株)JTB
2回:「日本のODAの状況」・・・外務省
3回:「高齢者とインフルエンザ」・・・感染症対策課
4回:「転倒予防教室」・・・理学療法士
5回:「脳梗塞のはなし」・・・尼崎中央病院
6回:「アメリカってどんな国」・・・兵庫県産業労働部国際局国際交流課
7回:「尼崎周辺の地盤と災害」・・・地盤工学会関西支部
8回:「阪神大震災、その時記者は…」・・・神戸新聞社
9回:「聞こえの相談」(補聴器相談)・・・(株)エヌ・アイ・シー
10回:「健康講座」・・・近畿中央ヤクルト総務統括部

 

エピソード①
今回の依頼で特に印象深かったのは、第2回講師をお願いした「外務省」。
講師依頼も、もう5年目、心臓の毛もかなり育っているとはいえ(笑)、相手は天下の「外務省」、ましてや無料で霞が関から来て下さい!という無謀ともいえる依頼。(汗) ドキドキ・・・
しかしながら、外務省の担当者は、丁寧にこちらの話を聞いて下さり、シニア大学が5年目である、過去平均50名の参加者があるという実績から、快諾して下さる事に。
ダウンロード (1).jpg エピソード②
また、第6回の「アメリカってどんな国?」では、アメリカ人講師を迎え異文化コミュニケーションを図りたいと県に依頼。電話口で流暢に話すアメリカ人講師に、驚きとともに「日本語が通じる~」と歓喜!笑
friends_world.pngエピソード③
第7回の「尼崎周辺の地盤と災害」では、地盤工学会関西支部に講師を依頼。するとなんと、大阪大学の現役工学部教授から銀杏の校章入りの便箋に「喜んでお受けします。講師は大阪教育大学名誉教授を予定しています。」というお返事が・・・(汗) 返信メールをする際、「失礼があっては・・・」と手汗をかきつつ御礼メールをすることに・・・(汗) 
ダウンロード (2).jpg エピソード④
第8回は、「阪神大震災、その時記者は…」というテーマで、震災の日のリアルな現場を取材した神戸新聞記者にお話頂く事に・・・。第一線で取材した記者の目に、あの日はどう映ったのか・・・
ダウンロード (3).jpg 
さて今回のシニア大学のプログラムは、いかがでしょうか?
あまり興味のないテーマであっても、初めて聞いて感動できる事があるかもしれません。
どうぞ皆さま、今年度も皆勤賞めざして、通学して下さいね。
 
 

シニア倶楽部「香道」✿尼崎

今回のシニア倶楽部は、「香道」です。
「香道」は、華道、茶道、香道、3つの伝統芸能「三道」のひとつとなります。
 
「華道」「茶道」とは違い、なかなか体験できない「香道」
香木は金より高額なものもある貴重なものだそうです。
そういえば、奈良正倉院にある「蘭奢待」は有名ですよね~。

008.JPG 「香道」は、平安時代の貴族たちが優雅な文化として“香り”を位置づけ、日本人の四季への感性や文学詩歌と深く結びついた香りの芸道とありますが、実際に体験された方は少ないのではないでしょうか?
 
今日は、その優雅な世界を覗いてみたいと思います。
 
 先生と大勢の生徒さんが来訪。お着物の方もたくさんおられます。素敵です!!
優雅な出で立ちとは反対に荷物の数がとても多いのにビックリ・・・汗
その一つひとつが、香道には欠かせないものと、後にわかりました・・・

080.JPG010.JPG








 まず香が焚かれます。
「本日は、あやめ香を体験して頂きます」・・・「組香」が始まりました。
まずは、香の聞き方です。(香りを嗅ぐとは決していいません!)

015.JPG022.JPG







 
「まずは、あやめ香の“あ”の香りを聞いて頂きます。」

019.JPG027.JPG






 

そして「や」「め」と続きます。
 
最後は、「本香」となり、この香りが「あ」か「や」か「め」かを当てるのです。
手で香炉を覆い、その隙間から香りを聞きます。息を吸って顔を右に除け息を吐きます。

実際に香りを聞くと、ちょっと煙たい香りのあとに「ふッ」と甘い香りが・・・

050.JPG044.JPG








皆さま、なかなかお上手です!
 
 「重硯」が並び、5月の「兜」の置きものを乗せた色紙の上に、美しく折られた和紙が
皆さんに配られました。いたる所に日本の四季が意識されています。

040.JPG060.JPG








この和紙にサラサラと筆を走らせ、名前と先程の「組香」の答えを書いていきます。

047.JPG 
なかなか絵になっていますね~
 
そして先生の手元には「組香」に参加された方の答えと、「あやめ香」にちなんだ短歌が書き記された書が・・・
066.JPG 
「香道」には、すべての日本文化の要素が入っているのですね~。
 
この後、答えが発表されました。
喜ぶ皆さまです。笑
069.JPG わずか1時間という体験でしたが、ほんの少し「香道」の世界を垣間見る事ができました。
 
実は、今回の「香道」の設えを準備する際に、大きなミスを・・・涙
良かれと思い、床の間に飾った「あじさいの花」ですが、これが大間違い!香りのするものは、置かないのが鉄則だそうです。花は置かず、その替わり花結びのある香袋などが置かれます。
001.JPG 
今回は、初めての体験で、皆さまワイワイと質問しながらの決して優雅?とはいえない香道体験となりましたが、きっと実際は、静寂の中で日本の四季を感じながら、優雅な香りを聞き、教養のある会話が交わされる、そんな世界なのですね~。
 
このあと、余韻に浸りながら、和菓子とお茶を召し上がって頂きました。

072.JPG074.JPG 
 
 

第2回パストラールアカデミー『講演会』・・・加古川

6月1日(土)
パストラールアカデミー2回目は、加古川市医師会会長 中田邦也先生にお越しいただき 、 『認知症と予防』についてお話をしていただきました。
皆様関心が高く63名の方が参加されました(*^-^*)。

     2.jpg     58.jpg

認知症とは?
認知症は脳の神経細胞が減ってしまう病気であること。
老化による「物忘れ」とは違うと説明がありました。
加齢による物忘れは生活に支障はないですが、認知症の物忘れは生活に支障があるそうです。
 
認知症の種類は?
1 ・アルツハイマー型認知症
  ・レヴィー小体型認知症
  ・前頭側頭型認知症
  ・脳血管性認知症
2 ・仮性認知症
  ・脳の病気(慢性硬膜下血種、正常圧水頭症、脳腫瘍etc)
  ・体の病気(肺、心臓、肝臓、腎臓、感染症 etc)  
  ・薬剤性
  ・ホルモンバランスの異常
  ・アルコール
 
認知症の内訳は 
   アルツハイマー型認知症が60~70%を占め血管性認知症は10~20%
 
先生よりそれぞれの認知症の説明がありました。
 
     6.jpg     23.jpg


あれっ?当てはまる!!!(‘_’)
いやいや私は老化だわ・・・・と思いつつ先生のお話は続きます。
 
メモを取る方、少し不安げに隣の方と顔を見合わせる方 
皆様 本当に熱心に聞き入っていらっしゃいました*^。^*
 

     e4e16161e4e1c896b155ca51453a6283.jpg
 

BPSDの予防のために
  中核症状は接し方・暮らし方によって進行を遅らせることができます。
 BPSDは接し方・暮らし方によって軽くすることができます。
 
BPSDが悪化する悪循環
症状が現れた時に介護者がいらいらする。介護者がきつく接する。無視する。
→本人が不安になる。怒る。混乱する。
 
思い当たることはありませんか?
 
BPSDが軽くなる良循環
介護者が気を付けることは余裕をもって適切に対処すると、本人が安心して自信を持つ
 
適切な対処方法とは・・・
・お年寄りのプライドを大切にしましょう
・本当のことを理解させるよりも納得させましょう
・雰囲気を大切に。優しく、ゆっくりと。
・作り話に付き合いましょう(話題を変える、仕事を与える)
お年寄りのペースで付き合いましょう
 
このような相手の立場に立って物事を考え、気配りすることは認知症でなくても生活の中で考えるべきことですね・・・・(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

     55.jpg     15.jpg

 最後に認知症にならないためには
身体を動かし、頭を使い、好きなことをする!!!

みなさまやっていますか?
 
会場を見渡せば、皆様実践されている方が多いですね~
入居者さんより・・・・スタッフの方が危ない???
もしかして認知症についてはスタッフより皆様の方が詳しくなってしまったかも・・・・(@^^)/~~~

     57.jpg     54.jpg

皆様ご参加ありがとうございました。
また次回の健康に関する講演会をお楽しみに!!
 
 

『認知症サポーター養成講座』✿尼崎✿

今日は、厚生労働省が全国で推進する『認知症サポーター養成講座』が開催されました。

ダウンロード (1).jpg講師は、尼崎市から認知症キャラバンメイトの方3名が来訪!

015.JPG 今や、5人に一人は罹患する可能性があるといわれている認知症。国としては、認知症に対して、正しい知識と理解を持ち、認知症の方やその家族に対して、地域で支えあい、出来る範囲で手助けすることを目指しています。
 
ポスター掲示と同時に「サポーターになっても、何も出来ないし・・・。」「難しそう・・・」など皆さまの反応が、イマイチ・・・(汗)・・・shinpai_obaasan.png そこで、以下のような文言をあらたに掲示しました。
「サポーターになっても、特にこうして下さい!という事はありません。認知症に対して正しい知識を持ち、当事者の方に対する接し方を学ぶことにより、その方が心穏やかに過ごせるかもしれません。」
 
そうすると、参加のお申し込みが徐々に増え、結局当日は、こんな状態になりました。笑
関心のあるスタッフも休み返上で参加。

007.JPG013.JPG








 『認知症サポーター養成講座標準教材』や、尼崎市作成の『認知症あんしんガイド』は、とても理解しやすいようにまとめられています。

026.JPG その教材に沿って、経験豊かな3名の講師が、事例を盛り込みながら講演。「認知症の人への対応」では寸劇を披露して下さり、よりリアルに理解することができました。

020.JPG 熱心に受講する皆さま。(いつもの光景です。)

008.JPG012.JPG






 

特に心に残った言葉は・・・
・認知症の人は何もわからないのではない。誰よりも一番心配なのも、苦しいのも本人。
・こころのバリアフリーと「人間杖」が必要。
 
誰もが避けて通りたい「認知症」けれど、決して特別な病ではありません。当事者になる場合もあるし、親しい友人がそうなる場合もあるでしょう。そんな時、周りが偏見をもったり、無関心でいるのではなく、“温かい目で見守る事”が何より大切になります。
そして、困っている方がいれば少しお手伝いする、まずはそこから始めましょう!
group_old.png さて、しっかり学んだ参加者には、修了の証として「オレンジリング」を頂く事ができました。

本日、パストラール尼崎に、44名の「認知症サポーター」が誕生!
「小さいことからコツコツと、頑張りましょう~!!」・・・あれ?これ誰かのセリフですね~笑

027.JPG 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
ページのトップへ