6月病

梅雨2.png6月病とは5月病が進行してしまった状態を言います。6月にストレスが症状となって身体に現れる人が多いのです。
6月は梅雨に入り天気も不安定になります。気候も相まって5月病以上に深刻な状態になってしまう人もいます。
サラリーマンだけでなく子供や主婦、高齢者も6月病に注意です。
主婦や高齢者が6月病になると、なんとなく身体が重い、思考がまとまらずぼんやりする、むやみにイライラするなどの症状が現れます。
何だか疲れやすい、イライラする、寝つきが悪いなどの症状が出たらまさに6月病です。
ほっておくと鬱病に進行してしまう恐れがあります。
何だか疲れたなと思ったら無理せずに休みましょう。
無理やり出かけたり、溜まった家事を片付けたり、お酒で疲れを紛らわしたりするのはNG!
しっかり寝て、栄養バランスの取れた食事を摂り、ゆったりとリラックスして休日を過ごすことが最もいい対策です。
家族や気心の知れた友人とおしゃべりをしてリフレッシュするのも6月予防におすすめです。

コメントする



ページのトップへ