秋の食中毒

実は年間で一番多い食中毒の時期は9~10月です。きのこ.png 夏バテして体力が落ち、免疫力が低下しているところに、大きな気温の変化も加わり体調を崩しやすいことや、秋は行楽シーズンでバーベキューや運動会、お祭りなど野外での食事が増えることも影響しています。
食中毒を防ぐためには①菌をつけない②増やさない③やっつけるです。

①菌をつけない・・・「洗う・分ける」まな板.png
手にはさまざまな雑菌が付着しています。調理や食事の前、残った食品を扱う前には十分な手洗いをしましょう。調理で使用したまな板などはきれいに洗浄し、残った生肉などの保管には菌が広がらないよう密封容器に入れるかラップで包み冷蔵庫で保管しましょう。

菌.png②増やさない・・・「低温で保存」
殺菌の多くは高温多湿な環境で増殖が活発になり、10℃以下では増殖がゆっくりとなりマイナス15℃以下では増殖が停止します。菌を増やさないためには低温で保存することが重要です。


③やっつける・・・「加熱処理」
ほとんどの最近やウイルスは加熱によって死滅します。肉や魚はもちろん野菜なども加熱して食べれば安心です。中心部を75℃で1分以上加熱することが目安です。調理器具も洗浄後に熱湯をかけて殺菌しましょう。

コメントする



ページのトップへ