三世代隣居・近居世帯向け家賃助成制度

三世代隣居・近居世帯に対する家賃助成制度について

⾼齢化が進む公社賃貸住宅のコミュニティの活性化と県外からの移住を促進するため、三世代(親・⼦・孫)が同じ住宅や近くの住宅に⼊居される⽅に対する家賃助成を行います。


対象物件について

全ての一般賃貸住宅、高齢者向け優良賃貸住宅が対象です。

申し込み資格について

「親世帯」と「子孫世帯」の両世帯を合わせると、親、子、孫の三世代となることが必要です。
「親世帯」とは、兵庫県内に居住する「夫婦のみ」又は「60歳以上の単身者」の世帯、「子孫世帯」とは、同居者に中学校を卒業するまでの子供がいる世帯です。

隣居

親世帯と⼦孫世帯のそれぞれが、同じ対象物件に新たに契約して⼊居することをいいます。
※親世帯、⼦孫世帯とも、助成の対象となります。

 

隣居

近居

対象物件から2Km以内で三世代(2⼾)の近居が実現する1住⼾を新たに契約して⼊居することをいいます。

(1)対象物件または対象物件から2km以内に、親世帯が既に住んでいる場合

子孫世帯(県内・県外)が対象物件に入居した場合は助成の対象となります。

(1)対象物件または対象物件から2km以内に、親世帯が既に住んでいる場合

(2)対象物件または対象物件から2km以内に、子孫世帯が既に住んでいる場合

親世帯(県内)が対象物件に入居した場合は助成の対象となります。
親世帯(県外)は対象物件への申し込みはできません。

(2)対象物件または対象物件から2km以内に、子孫世帯が既に住んでいる場合

※1 申込資格が確認できる書類を提出していただきます。
※2 県外若年世帯との併⽤、その他公社が実施する家賃助成制度と併⽤することはできません。

家賃への助成内容について

  • (1) ⼊居⽉(⼊居⽉が1か⽉に満たない場合は翌⽉)から2か⽉間フリーレント、さらにフリーレントの翌⽉から3年間(36か⽉間)、⽉額家賃(共益費を除く)の2割相当額(助成する額は100円未満切捨て)の家賃助成を⾏います。
  • (2) フリーレントは、賃貸借契約が1年間継続することを前提に⾏うものです。従って、契約⽇から1年を経過するまでに、借主側の事情によって賃貸借契約が終了したとき、⼜は家賃の滞納があったときは、フリーレントを取り消し、家賃相当額をお⽀払いいただきます。
  • (3) 家賃等の滞納があったときは、滞納⽉以降の助成制度を取り消します。
  • (4) ⼊居後、死亡等により三世代世帯を維持できなくなった場合でも、期間満了まで家賃助成を受けることができます。
お問い合わせ窓⼝