新婚・子育て世帯向け家賃助成制度

新婚・子育て世帯に対する家賃助成制度について

県外新婚・子育て世帯割引に対する家賃助成制度について

高齢化が進む公社賃貸住宅へ新婚・子育て世帯等を対象に家賃の一部を助成することにより、若年層の入居を誘導し、子育てや介護などの各世代が抱える不安を軽減するよう応援します。


対象物件について

全ての一般賃貸住宅が対象です。(高齢者向け優良賃貸住宅は除く)

申し込み資格について

新婚世帯

  • (1) 申込時点において夫婦(婚約及び内縁関係を含む)の合計年齢が80歳未満の世帯であること。
  • (2) 婚約者と申し込む場合は、契約後3か月以内に入籍(内縁関係を含む)できること。

子育て世帯

  • (1) 申込時点において18歳未満の子を扶養している世帯(妊娠している場合を含む)であること。

共通

  • (1) 家賃保証会社の利用が必須です。
    ※申込資格が確認できる書類を提出していただきます。

家賃への助成内容について

  • (1) 契約日から2か⽉間のフリーレント、さらにフリーレント終了日の翌日から起算して36か月目の日が属する月の月末まで⽉額家賃(共益費を除く)の2割相当額(助成する額は100円未満切捨て)の家賃助成を⾏います。

  • (2) フリーレントは、賃貸借契約が1年間継続することを前提に行うものです。従って、契約日から1年を経過するまでに、借主側の事情によって賃貸借契約が終了したとき、又は家賃等の滞納があったときは、フリーレントを取り消し、家賃相当額をお支払いいただきます。
  • (3) 家賃等の滞納があったときは、滞納⽉以降の助成制度を取り消します。
    ※公社が実施する他の家賃助成制度と併用することはできません。
お問い合わせ窓⼝